(1)認定の申請 長期優良住宅の認定を受けようとする方(建築主または分譲事業者)は、長期優良住宅の建築及び維持保全に関する計画を作成し、着工前に所管行政庁に申請する必要があります。 認定申請書(第一号様式)(Word)

認定長期優良住宅とは、住宅を長く良い状態で長持ちさせるために決められた基準で設計・申請し、都道府県知事もしくは市町村長に認定された住宅をいいます。良質な住宅ストックを将来世代に継承することで、より豊かでやさしい暮らしへの転換を図ることを目的としています。

平成28年4月より、長期優良住宅の認定は新築だけでなく増改築 ※ を行う場合にも認定を取得することが出来るようになりました。 ※「増改築」とは、耐震改修工事や断熱改修工事等、建築基準法における取扱いと必ずしも同一でないものも含みます。

長期にわたって安心・快適に住み続けられる「長期優良住宅」。税制面でのメリットなど、知っておきたいポイントを解説する。不動産・住宅に

マイホームを検討していると 「長期優良住宅」と言うキーワードを 聞いたことがあるのではないでしょうか? ハウスメーカー・工務店などで話を聞くと、 長期優良住宅を推すメーカーもあれば、 あまりオススメしてこないメーカーもあ []

長期優良住宅化リフォーム推進事業をご存じですか? 「長く住み続けることができる」ように家をリフォームし長期優良住宅に認定されると、税制上の優遇措置を受けることができます。そこで新築とリフォームの違い、さらに長期優良住宅化リフォームの基準とメリットをご紹介します。

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である「長期優良住宅」について、その建築及び維持保全に関する計画(「長期優良住宅建築等計画」といいます。

1 概要
[PDF]

長期優良住宅(新築)認定基準の概要 1.長期使用構造等とするための措置の基準 認定基準項目 考え方 認定基準の内容(1及び2) 1.住宅性能表示における 評価方法基準の引用部分 2.長期優良住宅独自の部分 赤字:追加措置 青字:緩和措置 劣化対策

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」(2009年(平成21年)6月4日施行)は、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より

1 概要

長期優良住宅とは様々な税金の優遇があります。一方で認定のためには様々な条件があります。長期的な視野に立って快適な住まいを手に入れるために検討することが大切です。 | 住まいのお役立ち情報

長期優良住宅の解説とメリット・デメリット・注意点 長期優良住宅とは、簡単に言えば、長期にわたり住宅を良好な状態で長持ちさせるために必要な基準を設けておき、その基準をクリアしたもの で、平成21年(2009年)6月に施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づいてい

長期優良住宅とは、長く住むことを目的に条件を満たした住居にのみ与えられる認定です。ここではその長期優良住宅認定マンションの購入を検討されている方に向けて認定基準や制度について紹介します。長期優良住宅には、耐震性や省エネルギー性などの認定基準を満たすことによって得

長期優良住宅という選択
[PDF]

「長期優良住宅」とは 【 各年度の認定戸数と認定累計戸数 】 長期優良住宅認定制度 は、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良 な住宅の建築・維持保全に関する計画を「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき

長期優良住宅の認定通知書は手元にあるのですが、認定長期優良住宅建築証明書と書かれた書類がありません。 建設住宅性能評価書のみ。別機関に依頼して性能を調べた風な書類のようです。

減税措置や補助金制度の話題で、長期優良住宅の周辺は幾らか活気を呈してきつつあります。ここでは建築業界やユーザーである施主にも、長らく浸透・普及しているとはいえなかった長期優良住宅について解説をしています。

内容 1.長期優良住宅の認定申請等の流れについて 標準的な手続きは,登録住宅性能評価機関による法に基づく技術的審査または設計住宅性能評価書の交付を受けた後に,福岡市へ申請する手続きとなりま

長期優良住宅の認定を受けようと考えていたのに、住宅が都市計画道路内に入っていたため「認定を受けることができない」ケースがあります。 お節介ながら、長期優良住宅の認定を受けようと考えている方は、この記事を読んで、事前に認定が受けられる土地なのかどうかチェックしておく

はじめに

耐久性・耐震性・省エネ性能にすぐれた「認定長期優良住宅」や、断熱性、二酸化炭素削減の基準を満たした「認定炭素住宅」を新築・購入した場合には住宅ローン控除の他に「認定住宅新築等特別税額控除」の適用を受けることができます。住宅ローンを組んでいなくても受けられる控除で

長期優良住宅の住宅ローン減税(控除)の概要、減税額シミュレーション、一般住宅と比べてのメリットなどについて紹介します。最大控除額が400万円から500万円にアップする長期優良住宅のメリットの恩恵を皆さんが受けられるのでしょうか。

総務 いつも参考にさせて頂いております。h22年度の年末調整の変更点として、認定長期優良住宅について、住宅借入金特別控除があります。h21.6月以降、家を新築した従業員がいるのですが、認定長期優良住宅に該当しているのかは住宅借入金特別控除申請書で

長期優良住宅建築等計画の認定申請. 住宅建築工事の着工前に、長期優良住宅建築等計画認定申請書及び添付図書を都市整備部建築指導課までお持ちください。 認定に先立ち、登録住宅性能評価機関における認定基準の技術的審査による適合証又は住宅性能

【公式/ライオンズマンションの大京】「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の規定に基づく認定を受けた住宅を「認定長期優良住宅」、「都市の低炭素化の促進に関する法律」の規定に基づく認定を受けた住宅を「認定低炭素住宅」といいます。

「長期優良住宅」とは

長期優良住宅制度と住宅性能表示制度の違いをご存じですか? 長期優良住宅制度も住宅性能表示制度も、良い家づくりを目指すものではありますが、その評価基準や優遇措置については少し違いがあります。どちらの制度を利用したほうがいいのか、2つの制度を比較しながらご説明します。

長期優良住宅とは?わかりやすく解説

必要です。 建築工事が完了したときは速やかに「認定長期優良住宅建築等計画に基づく住宅の建築が完了した旨の報告書」(ワード:33kb)(要綱第9号様式)に「工事監理報告書」を添えて正・副二部ご提出ください。 また、「建設住宅性能評価書」がある場合は添付してください。

長期優良住宅とは、長期にわたって良好な状態が保たれるように建てられた住宅です。住宅購入者にとってメリットの大きな住宅といえますが、認定されるためには条件やデメリットなど注意しなければならないことがあります。

[PDF]

認定取消通知書(新築時に長期優良住宅として認定されている場合) 登録住宅性能評価機関の技術的審査を受けた場合における適合証(技術的審査を受 けた設計内容説明書(長期優良住宅(増改築))を添

長期優良住宅の普及に関する法律(平成20年法律第87号)に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅を長期優良住宅といいます。

長期優良住宅の認定を受けた住宅で、相続や売買等により所有権の移転があった場合は、法第10条第1項の地位の承継の承認を申請してください。 申請書・届出書は、正本・副本の計二部提出してください。 所有権移転が分かる書類の添付が必要です。

長期優良住宅の認定について 制度の概要. 長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅「長期優良住宅」について、その建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を認定する制度「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日に施行さ

認定手続きについて 長期優良住宅を建築、維持保全しようとする方は、所管行政庁へ認定を申請することができます。 所管行政庁は建築等計画(維持保全計画を含む)を審査し、基準に適合すると認められるときは認定を行います。

2 認定申請手続き(平成21年6月4日から認定制度開始) 長期優良住宅の認定を受けるには、建築工事に着手する前に長期優良住宅普及促進法第5条に基づく「長期優良住宅建築等計画」を作成し、北九州市長に申請しなければなりません。

神戸市長期優良住宅建築等計画の認定等に関する要綱(pdf:243kb) 申請等窓口. 建築住宅局 建築指導部 建築安全課(三宮国際ビル5階 7番窓口) 電話078-595-6557. 長期優良住宅建築等計画の認定に関する相談窓口(コールセンター)

資金計画コラム「マイホームの住宅ローン控除「認定長期優良住宅」なら「一般住宅」よりもさらに有利」木造住宅、新築一戸建て、注文住宅なら住宅メーカー・ハウスメーカーの住友林業。ご家族の夢をかたちにする自由設計の家づくり。

税の優遇制度などで認定長期優良住宅と言う言葉がでてきますがこれは認定された長期優良住宅と言う意味になるかと思いますが逆に言うと非認定のただの長期優良住宅と言うものも存在すると言うことなのでしょうか?認定長期優良住宅=長期

長期優良住宅の認定を受けるかどうかは、資金計画やライフスタイルなど多角的な視点から、しっかりと見極める必要があるでしょう。 初期費用がかかったとしても、長期優良住宅にするメリットを感じられるなら取り組んでみる価値はあるのです。

長期優良住宅の認定条件(戸建て住宅の場合) 長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年法律第87号) 2009年6月4日施行; 長期優良住宅の普及の促進に関する法律施行規則(平成21年国土交通省令

長期優良住宅の認定. 長期優良住宅とは、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅のことをいいます。

認定長期優良住宅の維持保全状況調査について. 詳細については,認定長期優良住宅の維持保全状況についてのページをご覧ください。 長期優良住宅とは. 長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年法律第87号)に規定する,長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造

長期優良住宅. 法律の概要 はじめに. 長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である「長期優良住宅」の普及の促進のため、その建築及び維持保全に関する計画を認定する制度の創設を柱とする「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日に施行さ

長期優良住宅の認定. 長期優良住宅の認定を受けるには、建築工事に着手する前に法第5条に基づく「長期優良住宅建築等計画」を作成し、江戸川区長の認定を受けなければなりません。 (延べ面積が1万平方メートルを超える場合は東京都が受付)

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅である「長期優良住宅」について、その建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を所管行政庁(新潟市の区域においては新潟市長)が認定するものです。

認定長期優良住宅の維持保全状況に関する抽出調査について; 長期優良住宅の認定 新規申請と様式; 長期優良住宅の認定 認定申請手数料; 長期優良住宅の認定 その他の申請と様式; 長期優良住宅の認定 認定基準

一条工務店の家づくりの知識「長期優良住宅」ページ。はじめての家づくりには疑問がいっぱい。ここでは家づくりに役立つ知識についてわかりやすくご案内します。省エネ7冠・創エネ5冠。累積約20万棟の建築実績。性能を追求する住宅メーカー、一条工務店です。

[PDF]

②長期優良住宅の普及の促進に関する法律の施行の日(平成21年6 月4日)から平成24年3月31日までの間に取得した建築後使用さ れたことのない家屋であること。 ③長期優良住宅の普及の促進に関する法律第10条第2号に規定する 認定長期優良住宅であること。

長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年法律第87号)に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置がその構造及び設備について講じられた優良な住宅を長期優良住宅といいます。 その普及を促進

長期優良住宅の認定について お知らせ 既存住宅の増改築に係る長期優良住宅認定制度の開始について. これまで、長期優良住宅の認定は新築住宅に限られておりましたが、平成28年4月1日より、新たに認定基準が整備されたことから、既存住宅の増改築についても長期優良住宅認定を受けること

長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査。住宅あんしん保証は所管行政庁が定める認定基準の区分について「長期優良住宅の普及促進に関する法律」に基づき、認定申請に先立ち、申請者様のご依頼に応じて、当該計画に係る技術的審査を行い、適合証を交付します。

認定長期優良住宅建築証明書というのは、建築士(ハウスメーカーに属しています)か認定機関に発行してもらわないといけないものなので、ハウスメーカーに下さいと言えば貰えると思いますよ♪ ナイス: 1 この回答が不快なら

【様式 3 】 認定長期優良住宅建築等計画に基づく住宅の建築又は維持保全を取りやめる旨の申出書(doc形式, 33.00kb) 【様式 6 】 軽微な変更届(doc形式, 39.50kb) 【様式 7 】認定長期優良住宅建築等計画に基づく住宅の建築が完了した旨の報告書(doc形式, 33.50kb)

長期優良住宅に関する詳細につきましては、国土交通省のホームページ「長期優良住宅法関連情報」をご覧ください(このページ下にある【関連情報】から外部リンクできます)。 長期優良住宅建築等計画の認定

新法がスタートしてから丸1年。認定件数は7万件(2010年5月末)を超えるまでになった長期優良住宅ですが、実は、維持保全を計画通りに実施しないと認定が取り消される可能性があります。せっかく追加出費して手に入れた高耐久住宅が、「一般住宅」と同じ扱いになってしまうのです。

長期優良住宅建築等計画の認定について 1.長期優良住宅とは. 長期優良住宅とは、法に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が、その構造及び設備について講じられた優良な住宅のことを

長期優良住宅の建築・維持保全を行おうとする方は、建設地の所管行政庁へ法律に規定された措置が講じられた住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を申請して認定を受けることで、 住宅ローン減税等の税制上の優遇を受ける

更新日:2019年11月19日. 長期優良住宅認定 お知らせ 〈長期優良住宅認定申請書に添付する書類について〉 長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査適合証を添付して認定申請書を当課に提出される際、次の書類の添付をお願いしておりますので、よろしくお願いします。