今年平成24年5月、国家戦略担当大臣により、日本酒と焼酎が「國酒」となり、それを後押しする「國酒プロジェクト」が発足した。この「國酒」とはいったい何なのか。日本酒ファン・焼酎ファンにとってどのような意味があるのかを探ってみた。

様々な分野の有識者で構成される「enjoy japanese kokushu(國酒を楽しもう)推進協議会」では、幅広い観点から本プロジェクトの推進について議論を行い、平成24年9月4日に、その提言として「國酒等の輸出促進プログラム」をとりまとめました。

今年平成24年5月、国家戦略担当大臣により、日本酒と焼酎が「國酒」となり、それを後押しする「國酒プロジェクト」が発足した。この「國酒」とはいったい何なのか。日本酒ファン・焼酎ファンにとってどのような意味があるのかを探ってみた。(2ページ目)

プロジェクト名. ウィキプロジェクト 酒. Scope. このウィキプロジェクトの基本的な目的は、以下の3点です。. この分野の各記事の執筆、加筆。 酒全般に関するテンプレートなどのツール(下位プロジェクト発足のためのテンプレートなども含む)の制定に関する議論を行うこと。

前政権の時に内閣府国家戦略室で始まりました。 都内のある所で、前政権の時にスタートした国酒プロジェクトの コア・メンバーの方と久し振りにご一緒した。 純米大吟醸酒 山桜桃

npo法人光を照らすプロジェクトは、太陽旅行が立ち上げたnpo法人です。消えてしまいそうな日本古来の文化や精神を守る「文化継承プロジェクト」、様々な環境に悩みを抱える子供たちを笑顔にする「きらきら子供応援プロジェクト」に取り組んでいます。

この度は「国酒プロジェクト」田植えにご参加頂き誠にありがとうございます。 早いものでプロジェクト立ち上げから5年が過ぎ去りました。 その月日の中で、この国が抱える農業の課題に少しでも触れることができました。

日本酒など国内で生産される「国酒」を「sake」として世界市場に売り出そうという官民一体となった動きが始まっている。民主党政権時の昨年

私たちプロジェクトは世界に誇れるお酒として 、 今一度 、 泡盛の価値や歴史を丁寧に見つめなおし 、 みなさんと一緒に泡盛の道を探求する 「誇酒」プロジェクトとして発足しました。

[PDF]

kokushu(國酒を楽しもう)」プロジェクトを立ち上げることとしたい。 3 「enjoy japanese kokushu(國酒を楽しもう)」プロジェクトの進め方 ① 有識者で構成する「enjoy japanese kokushu(國酒を楽しもう)推進協議 会」の立ち上げ(メンバーは別紙参照)

さて、私の第1養蜂場のすぐ下で愛知竹田研究会の面々が2012年11月ごろから開墾を始め、無農薬・無肥料で酒米づくりに . 取り組んでいる”国酒禊プロジェクト”も4年目の御田植えの時期を迎えました。

光を照らすプロジェクトの企画の「国酒プロジェクト」の稲刈りが栗山の畑で行われました私達は地球に、自然に生かされている事を改めて体感する体験でした。

[PDF]

「國酒プロジェクト」に端を発した政府 の取り組みについて 國酒の世界発信を目指し,昨年5月,政府が主導する「國酒プロジェクト」が立ち上がり,9月には「國 酒等の輸出促進プログラム」が公表されてその概要が本誌1月号に掲載されています。

日本航空株式会社のプレスリリース(2018年12月11日 16時22分)[國酒・琉球泡盛応援プロジェクト] 泡盛グランプリ決定

古事記普及事業「全国のホテルや学校に古事記を置こう!」プロジェクト
[PDF]

等が地域へ赴き、各種検討事項や国のクールジャパン関 連事業を通じて得られたノウハウ等を説明し、あるいは地 域の関係者パネルディスカッションなどを行うもの。 ネットワーキングを設け、参加者との意見交換も実施。 大阪セミナー

政府、日本酒と焼酎を「国酒」として海外へ(東京都)政府は、日本酒と焼酎を「国酒」として海外に広め、輸出拡大を図るプロジェクトを立ち上げた。28日に開かれた「ENJOYJAPANESEKOKUSHU推進協議会」の初会合では、有識者らから「健康食のイメージがある日本食とセットでアピールすべき

『國酒禊』が飲める店舗リスト(平成29年11月30日現在) 12都道府県、45ヶ所 北海道 羅臼料理はちきょう 本店 札幌市中央区南3条西3都ビル1F 011-222-8940 海味はちきょう 別亭おやじ 札幌市中央区南3条西3第6桂和ビル1F 011-241-0841 海味はちきょう 別亭おふくろ

日本酒アンバサダー@大森慎(おおもりまこと)です。 突然ですが、あなたは 「國酒(こくしゅ)プロジェクト」をご存知ですか? 私は今年に入って知ったんですが、 國酒(日本酒・焼酎)の魅力や素晴らしさを 広く知ってもらうため、そしてその輸出促進

千葉の米、水、蔵の技をしっかりと感じていただけるお酒です。 是非これをきっかけに一人でも多くの方に千葉のお酒を飲んでいただきファンになっていただけたら幸いです。 千葉日本酒活性化プロジェクト

名城大学「チャレンジ国酒プロジェクト」フランスへの販売を目指した日本酒にあうスイーツ開発‼︎ 初回のプレゼンに学生もドキドキ