社会がソロ化することで孤立する危険性をはらむのは、何も未婚のソロ生活者だけではない。誰もがソロで生きる覚悟を持っておくべきソロ社会時代。最後に荒川さんに、そんなソロ社会がもたらす未来を予想してもらった。

ソロ社会とは

最近、巷で耳にするようになった「ソロ社会」という言葉ですが、具体的にどういうものか皆さんはご存知でしょうか? 何となくの意味でしか理解していないという方が比較的多いかと思います。 また、超ソロ社会という言葉まで生まれており、今後の私たちの生活の中に深く浸透しそうな

「結婚しない人が増えたのは自然なこと」荒川和久さんが指摘する「ソロ社会」とは 未婚・非婚化は自然の成り行きで、結婚しない人が罪悪感を

2035~2040年、その先の2100年にかけて、世界でおきてくるはずの「ソロ社会」及び「ソロ活経済圏」への構造変化を把握し、ソロ生活者が増えていくことが世界中にどのような影響を及ぼすかを追い続けていくラボなんです。

Apr 14, 2017 · なお、『超ソロ社会「独身大国・日本」の衝撃』によると、結婚に後ろ向きな男性も、結果的には結婚する可能性があるけれど「それはもしかしたら40代や50代になってからの話で、30代では結婚する気がまったくないままかもしれない」とのこと。

2035年の日本では独身世帯(単身世帯)の割合が50%に達するそうな。人数にすると約4800万人。この流れは不可避で、確実にやってくる未来らしい。ソロ社会の到来だ。離婚して将来に不安を抱える40歳のバツイチ独身男の俺にとっては、ちょっと不安

博報堂「ソロもんla 実は江戸も「超ソロ社会」! シェア、アイドルも存在の江戸時代に学ぶべきこと (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot.

未婚化がとまらない――。日本の未婚化・ソロ社会化が、海外でも多くの注目を集めています。フランス、カナダ、韓国、中国といった海外

Amazonで荒川 和久の超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。荒川 和久作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

3.3/5(21)

遠くない将来、配偶者と離別・死別した人を含む独身者が国民の過半を占める「超ソロ社会」が到来するといわれている。独身生活に満足し

本文内でも拙著「超ソロ社会」のことや僕の作ったグラフなんかを引用していただいています。 ぜひご覧ください! 橘さんには、これまでも「幸福の資本論」や「専業主婦は2億円損をする」のご著書の中でも僕のことを紹介していただいています。

ソロ社会の未来. 哲学ですね、まさかソロ社会が哲学に及ぶとは考えてもみませんでしたが、読んでみると納得できます。「自分とは何か」について「分人」の概念が登場するあたりに個人的な読みやすさを感じました。 総評. 読みやすくて一気に楽しめる!

「超ソロ社会」の著者・荒川和久氏が、独身者の特徴を語った。特に独身男性は、消費によって幸福を感じるという傾向があるそう。しかしそれ

[PDF]

Jan 13, 2017 · ソロ生活者は幸福ではない?/家族とソロでは幸せの貯蔵庫が違う/ソロ社会は孤立社会ではな い/ソロ充という言葉が生まれた訳/ソロで生きる力が必要になる/ソロで生きるには人とのつ ながりが前提/ソロで生きるには自分を愛すること/「本当の

2016年1月に拙著『超ソロ社会』を上梓し、おかげさまで、たくさんのメディアに取り上げられるなど多くの反響がありました。NewsPicksでも、「超ソロ化する日本。希望は「AI」と「つながり」」

「独身者は無理に幸せになろうとしない方がいい」ーー 『超ソロ社会』著者の荒川和久さんが語る 2017.1.22. キャリコネ編集部

2019年6月17日、『ソロエコノミーの襲来』刊行記念として、独身研究家・荒川和久氏と脳科学者・中野信子氏が「ソロの生き方」についてトークイベントを行いました。孤独との向き合い方や本当の自分とは何か? 人口の5割が独身となる未来に、論理と感情、今後のコミュニティのあり方まで

ソロ社会は孤立社会ではない. ところが今年、2人の社会学者が著した新書が、こうした言説状況に風穴を開けた。

2035年、日本人口の半分は独身者になる超ソロ社会が到来。 そこで本書では独身社会日本の未来はどのようなものなのか、独身として生きていくことはどんなことなのか、独身の人生を幅広い視点で考察できる内容になっています。

「ひとりが当たり前」の社会が目前に迫っていますが、私たちはどのように向き合えばいいのでしょうか。こうした社会の現実をつづった『超ソロ社会「独身大国・日本」の衝撃』(php新書)の著者、荒川和久さんに「ひとり」で生きていくためのコツを聞きました。

未婚化・非婚化に加え、離婚率の上昇や配偶者の死別による高齢単身者の増加など、確実に進行する日本のソロ社会化。 高齢化や少子化ばかりが取り沙汰されているが、このソロ社会化こそ、日本が世界に先駆けて直面する課題だ。

著者: DRESS編集部

日本は世界に先駆けて、2035年には人口の半分は独身になるという。これまでの社会と何が変わるのか? 博報堂「ソロもんlabo」リーダーの荒川

荒川 和久『超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

73%(85)

連載「ソロジャーの時代」 この記事は朝日新聞社とYahoo!ニュースの共同企画による連載記事です。 現代社会において、これまでの制度やしきたりと戦いながら道を切り開く「ひとり(ソロジャー)」の生き方をテーマに、12月27日から31日まで計5本公開し

『超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃』「ソロ社会」。「ソロ」は幾度も耳にしていますが、「ソロ社会」とは耳慣れない・・・。副題が「独身大国」とくれば、ああそういうことかと合点がいきます。筆者の「独身、ソロがなぜ悪い!?」という半ば開き直り的な問題提起書のようにも

独身者増加と、在宅介護の国の施策は矛盾している 新聞の最下段の書籍広告を見ると、『1人で生きる素敵な生き方』を提唱するタイトルが目立つようになりました。 超ソロ社会とは、独身者が多数派になる状態を呼ぶのだそうです。独身者には2パターンあり、

Mar 10, 2017 · 超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (php新書) 新書 – 2017/1/14 () 結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリ. ニュースを読み取り

2019年1月3日(木)放送の『駆け込み結婚相談所』にソロもんラボリーダー 独身研究家の荒川和久さんが出演されます。未婚者が増える中、荒川さんによると20年後、日本の人口の半分が独身者になるそうです。荒川さん自身は結婚しているのかなど気になったので色々調べてみました。

FNN.jp編集部 約20年後の日本は、世界でも類を見ない“半分が独身”という社会になる 独身者を心理的孤立に追いやらないためには、“拡張家族”という概念が必要 ソロ社会で生きる力とは、様々な形で人と

遠くない将来、配偶者と離別・死別した人を含む独身者が国民の過半を占める「超ソロ社会」が到来するといわれている。独身生活に満足し

FNN.jp編集部 約20年後の日本は、世界でも類を見ない“半分が独身”という社会になる 独身者を心理的孤立に追いやらないためには、“拡張家族”という概念が必要 ソロ社会で生きる力とは、様々な形で人と

独身者増加と、在宅介護の国の施策は矛盾している 新聞の最下段の書籍広告を見ると、『1人で生きる素敵な生き方』を提唱するタイトルが目立つようになりました。 超ソロ社会とは、独身者が多数派になる状態を呼ぶのだそうです。独身者には2パターンあり、

Jun 17, 2019 · 人口の5割が独身となる未来。独身研究家・荒川和久と脳科学者・中野信子が語る「ソロの生き方」。孤独との向き合い方や本当の自分とは何か?論理と感情、今後のコミュニティのあり方まで語り合 powered by Peatix : More than a ticket.

1巻配信中!試し読み無料!2035年、日本の人口の半分は独身者! 少子高齢化より深刻な日本のソロ社会化。結婚してもそのリスクから逃れられない。あなたは一人になっても生きていけるのか? 2035年、日本の人口の半分が独身になる! 未婚化・非婚化に加え、離婚率の上昇や配偶者の死別に

超ソロ社会が話題になっています!! 『超ソロ社会』という言葉に強烈なインパクトがありますね。。。。。単語のイメージでなんとなく、意味はわかりますが一体『超ソロ社会』ってなんなのでしょうか?

ブックオフに古本が安く出ていたので、買ってみた荒川和久氏の新書『超ソロ社会』。少子高齢化と同時進行する未婚化、単身世帯増加の減少について、現状分析と未来予測を提案している。未婚化に対する「個」の分析アカデミックな「群」としての統計・社会学的

詳しくは著書『結婚しない男たち』『超ソロ社会』を参考にされたい。次回は「歴史は繰り返す」をヒントに、ソロ化社会のビジネスチャンス、未婚化が進んだ原因を中心に話題を進める。

クリックして Bing でレビューする47:56

Mar 10, 2017 · 超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (php新書) 新書 – 2017/1/14 () 結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリ. ニュースを読み取り

著者: William Herbst

ソロ客に支持されない商売は、立ち行かなくなる 「独身者に対する世間の風当たりは、今なお強いし、家庭持ちの人との間には根深い対立構造が

Oct 09, 2017 · 岡田斗司夫ゼミ12月13日号「最強の経済対策!結婚しないからこそお金を自由に使えるソロ男という生き方」対談荒川和久 – Duration: 53:30. 岡田

超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (PHP新書)/荒川 和久(新書・選書・ブックレット:PHP新書) – 未婚化や非婚化、離婚率の上昇や配偶者の死別による高齢単身者の増加など、確実に進行する日本のソロ社会化。「個」の生活意識といったマインドの視点紙の本の購入はhontoで。

20年後に日本は独身者が半分を占める国になる! 家族という集団から独身・ソロ社会への劇的な変化に我々はどう処すべき

20年後、人口の半分が独身という国に日本はなり、一人暮らしが4割となる社会がやってくる。未婚化・非婚化に加え、離婚率の上昇や配偶者 の死別による高齢単身者の増加など、確実に 進行する日本のソロ社会化。メディア等では高齢化や少子化 ばかりが取り上げられるが、このソロ社会化

20年後、日本は人口の半分が独身となります。日本のソロ社会は不可避で確実にやってきます。高齢化や少子化ばかりが取り沙汰されていますが、このソロ社会こそ日本が世界に先駆けて突きつけられた課題でもあります。

2035年、「ソロ社会」到来 博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクト・リーダー、荒川和久氏の著書『超ソロ社会「独身大国・日本」の衝撃』(php新書)によると、2035年、日本は「人口の半分が独身という国」になるとのこと。

テクノロジーはソロ社会を変えるのか。「超ソロ社会を救う『つながるぼっち』」をテーマに2035年に訪れる「超ソロ社会」などについて博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクトリーダー 荒川和久氏と慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネージメント研究科教授 前野隆司氏に聞く。

博報堂マーケティングスクールが教える「【博報堂マーケティングスクール】 超ソロ社会のマーケティング」の講座詳細です。 マーケティング・広報pr 六本木・赤坂開催。受付期間中に、早めにご予約ください。マーケティング・広報prの講座なら、簡単に検索・予約できる-ストアカ-

そして、最後は、ソロの自立について。 ソロの将来不安のモヤモヤにもバッサリ、です。 ソロだから孤立するわけではありません。 隣近所と仲良くて、友達がたくさんいて、 会社や学校以外の人との付き合いも広がりやすい。

for2035 来るソロ社会の展望を語る- 連載対談 荒川和久×川野泰周(僧侶・精神科医)「ソロ社会で求められる対話とセルフコンパッション」(2017年6月7日) エキサイトニュース “18年後には日本人の半分

不動産事業などを手がける株式会社グローバル・リンク・マネジメントは11月14日、未婚の男女を対象にした「将来設計に関する意識調査」の結果を発表しました。それによると、20~30代の約4割は「結婚意向がない」とされています。

2035年、日本の人口の半分が独身になる!未婚化・非婚化に加え、離婚率の上昇や配偶者の死別による高齢単身者の増加など、確実に進行する日本のソロ社会化。高齢化や少子化ばかりが取り沙汰されてい

「超ソロ社会~”独身大国・日本”の衝撃」(荒川和久著。2017年1月27日発行。php新書) 著者は、博報堂ソロ活動系男子研究プロジェクト・リーダー。独身

超ソロ社会 – 「独身大国・日本」の衝撃 – 荒川和久 – 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

価格: ¥924

SKE48の松井珠理奈(22)がソロデビューすることが20日、分かった。ネット配信サービス、SHOWROOMが運営するSHOWROOMRECORDSから自ら全曲作詞したソロ

今夜はニュービジネスに焦点を当てる『スタートアップx』をお送りします。テーマは「つながるぼっち」。「超ソロ社会」の著者であり、博報堂でソロ活動系男子を研究する荒川和久さんと、幸福学を専門にする慶應義塾大学の前野隆司教授をゲストにお招きします。

Jun 07, 2017 · ソロ社会に必要なのは、語らいと自分を愛する体験. 荒川 :いろんな人とつながって対話することは、外に広がるだけではなく、自分の内側に新しい自分を生み出すという内への広がりにもなるんです。 そうした多様性のあるアイデンティティを構築していったり、自分への慈悲の精神を培っ

ソロ社会化は江戸時代にも存在し、このころ人口も低迷が続いていた。データによると東京での有配偶者率は5割、離婚率に至っては4.8%と、今なら世界トップクラスだ。

2035年、日本の人口の半分が独身になる!未婚化・非婚化に加え、離婚率の上昇や配偶者の死別による高齢単身者の増加など、確実に進行する日本のソロ社会化。高齢化や少子化ばかりが取り沙汰されているが、このソロ社会化こそ、日本が世界に先駆けて直面する課題だ。

『超ソロ社会 「独身大国・日本」の衝撃 (php新書)』(荒川和久) のみんなのレビュー・感想ページです(22レビュー)。作品紹介・あらすじ:20年後に日本は独身者が半分を占める国になる! 家族という集団から独身・ソロ社会への劇的な変化に我々はどう処すべきかを著す。