「国際通信社グループ」公式サイトです。国際通信社グループは月刊経営情報雑誌「マスターズ(masters)」の国際通信社、「リーダーズ(leaders)」の報道通信社、「センチュリー(century)」のuspマネジメントによる出版事業を主業務とし、教育・人材派遣、it機器開発・販売、経営

「国際通信社グループ」公式サイト「グループインフォメーション&ニューストピック

「国際通信社グループ」公式サイト「企業案内」のページです。「企業案内」では、国際通信社(月刊マスターズ)・報道通信社(月刊リーダーズ)・uspマネジメント(月刊センチュリー)の出版事業をはじめ、教育・人材派遣、it機器開発・販売、経営コンサルティング、管理、医療、介護

国際通信社は、月刊経営情報雑誌『masters(マスターズ)』やマガジンなど各種書籍雑誌の発行、広告・グラフィックデザイン、webデザイン、webサービス管理運営などのサービスを提供する出版社です。

「国際通信社グループ」公式サイト「**」のページです。国際通信社グループは月刊経営情報雑誌「マスターズ(masters)」の国際通信社、「リーダーズ(leaders)」の報道通信社、「センチュリー(century)」のuspマネジメントによる出版事業を主業務とし、教育・人材派遣、it機器開発・販売

国際通信社グループ、そして報道通信社は、これからも広く社会に目を向け、時代のニーズに応えられるサービスを提供して参ります。 ≫「国際通信社グループ」についての詳細はこちら(国際通信社グループ公式サイト)

RPG vol.4. 2007年10月25日発売開始. 特集:もう1つの世界 〈地図の向こうへ〉 定価:1,200円(税込)

国際通信社の歴史解説書付きウォーシミュレーションゲーム【季刊:ウォーゲーム日本史】公式webサイトです。本ゲームは日本史の有名な戦いをゲームボード上に落とし込んであり、プレイヤーは武将や指揮官の決断を追体験できます。

国際通信社が発行するシミュレーションゲーム (ウォーゲーム) 専門誌『コマンドマガジン』のwebサイトです。このサイトには『コマンドマガジン』『コマンド・ザ・ベスト』『コマンドベーシック』『コマンドマガジン別冊』 『ダブルチャージ』『アドバンスト・トブルク』等も紹介してい

国際通信社は、月刊経営情報雑誌『masters(マスターズ)』やコマンドマガジンなど各種書籍雑誌の発行、広告・グラフィックデザイン、webデザイン、webサービス管理運営などのサービスを提供する出版

月刊経営情報誌Anchor(アンカー)を発行する報道通信社の会社案内ページです。会社概要の他、報道通信社が所属する『国際通信社グループ』についても紹介しています。

国際通信社は、月刊経営情報雑誌『masters(マスターズ)』やコマンドマガジンなど各種書籍雑誌の発行、広告・グラフィックデザイン、webデザイン、webサービス管理運営などのサービスを提供する出版

報道通信社は月刊経営情報雑誌『anchor(アンカー)』の発行を通じて、日本経済を支える中小企業を応援します。

AFPBB Newsは、世界三大通信社のひとつであるAFP通信が配信する世界中のニュースをお届けする日本語ニュースサイトです。総合ニュース、速報

国際通信社は、月刊経営情報雑誌『masters(マスターズ)』やコマンドマガジンなど各種書籍雑誌の発行、広告・グラフィックデザイン、webデザイン、webサービス管理運営などのサービスを提供する出版

国際通信社の「レキシモン・ゲームズ」は、歴史をテーマにしたテーブルゲーム (ボードゲーム、カードゲーム含む)のシリーズです。 初心者にも遊びやすく、 歴史の知識が無くても楽しめるテーブル

株式会社国際通信社は、出版及びゲーム・アプリケーションソフトウェアの開発、webコンテンツの制作・管理・運用、日本語学校経営を行っている日本の企業。 1984年に設立され、月刊誌「国際ジャーナ

本社所在地: 550-0012, 大阪府大阪市西区立売堀1丁目7

国際通信社は、月刊経営情報雑誌『masters(マスターズ)』やコマンドマガジンなど各種書籍雑誌の発行、広告・グラフィックデザイン、webデザイン、webサービス管理運営などのサービスを提供する出版

今日; 定休日; 店舗メンテナンス 【休日について】定休日とメンテナンス日は商品発送をお休みさせていただいています。 【商品発送について】営業日の午前9時までに、クレジットカード決済または代引きにてご注文の商品は即日発送します(予約商品を除く)。

国際通信社は、月刊経営情報雑誌『masters(マスターズ)』やコマンドマガジンなど各種書籍雑誌の発行、広告・グラフィックデザイン、webデザイン、webサービス管理運営などのサービスを提供する出版

「国際通信社グループ」公式サイト「沿革」のページです。「沿革」では、1984年設立の国際通信社(月刊マスターズ)をはじめ、報道通信社(月刊リーダーズ)、uspマネジメント(月刊センチュリー)、その他の各企業・団体といった、これまでの国際通信社グループの歩みについて掲載して

国際通信社は、月刊経営情報雑誌『masters(マスターズ)』やコマンドマガジンなど各種書籍雑誌の発行、広告・グラフィックデザイン、webデザイン、webサービス管理運営などのサービスを提供する出版

国際通信社が発行する月刊経営情報雑誌masters(マスターズ)の公式webサイトです。雑誌の特徴、コンテンツ、ゲストの紹介、対談記事や制作の流れ、よくある質問などをまとめています。

仙台でホテルをお探しなら、常にランキング上位の東武ホテルチェーン・仙台国際ホテルへ。杜の都のリーディングホテルとして常に快適さと機能性を追求。ハートフルなおもてなしで皆様をお迎えいたします。朝食ブッフェやバイキングが人気。仙台駅より徒歩5分。

nttグループの公式ホームページです。nttグループのニュースリリースや商品・サービスに関する情報やntt(持株会社)の会社情報などをご紹介しています。

『Command Magazine』の創刊は1989年で、もともとアメリカのXTR社が発行していましたが、現在は日本語版のみが国際通信社から発行されています。毎号、特集に合わせた海外製・国産の新作オリジナル、旧作再販のシミュレーション・ゲームが付録としてついて

創価学会公式サイトのSOKAnetです。日蓮大聖人の仏法に基づく「平和・文化・教育」活動を世界に展開している創価学会の紹介をしています。動画コーナーや日蓮大聖人御書全集の全文検索、聖教新聞や会員向けのコンテンツもあります。

時事ドットコム:時事通信社が運営するニュースサイト 政治・経済・社会・国際・スポーツ・エンタメなどのニュースに加え、社会的な関心が

「国際通信社グループ」公式サイト「グループインフォメーション&ニューストピックス─記事詳細─【株式会社 国際通信社】『マスターズ(masters)』2017年12月号情報を掲載しました。」のページです。国際通信社グループは月刊経営情報雑誌「マスターズ(masters)」の国際通信社

国際ニュース通信社ロイターのウェブサイトです。世界の政治、経済、社会についての最新ニュースを、豊富なコンテンツ

国際通信社から発売中の「ジャパン・ウォーゲーム・クラシックス(JWC)」のWebサイトです。「ジャパン・ウォーゲーム・クラシックス(JWC)」とは「日本におけるウォーゲーム・ブームを支えた優れた国産ゲームをいつでも買えるように」というコンセプトでスタートしたシリーズです。

一般社団法人 共同通信社は、正確公平な内外ニュースを広く提供し、国民の知る権利に応えるとともに国際相互理解の増進に貢献することを目的に、全国の新聞社、nhkが組織する社団法人として設立されました。国内、海外のニュースを取材、編集して新聞社をはじめ、民間放送局や海外

『votoms tactics(ボトムズタクティクス)』は、ロボットアニメ「装甲騎兵ボトムズ」のアーマードトルーパー(at)による戦闘を再現したボードゲームです。発行 国際通信社

「国際通信社グループ」公式サイト「グループインフォメーション&ニューストピックス─記事詳細─【株式会社 国際通信社】『マスターズ(masters)』2017年12月号情報を掲載しました。」のページです。国際通信社グループは月刊経営情報雑誌「マスターズ(masters)」の国際通信社

月刊企業情報雑誌センチュリー(century)を発行するuspマネジメントの『会社概要』と、uspマネジメントが所属する『国際通信社グループ各社(報道通信社、r.o.d他)』の紹介です。

株式会社日本トリムの最新情報[Newsweek(国際版)および英国通信社The worldfolioのWebサイトに当社社長インタビュー記事「Bringing new life to water」が掲載されました]についてです。

国際通信社は,1984年にエポック社から発売された対戦型ボードゲーム「超人ロック」を“新版”としてリニューアルし,2018年冬に発売すると

パリの通信社に勤務するジャーナリスト。 (13年)、是枝裕和監督との初タッグとなる映画『そして父になる』(13年)ではカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞するなど、積極的に俳優業に取り組む。近年の映画出演に、大根仁監督の『scoop!

仙台でホテルをお探しなら、常にランキング上位の東武ホテルチェーン・仙台国際ホテルへ。杜の都のリーディングホテルとして常に快適さと機能性を追求。ハートフルなおもてなしで皆様をお迎えいたします。朝食ブッフェやバイキングが人気。仙台駅より徒歩5分。

国際通信社から発売中の「ジャパン・ウォーゲーム・クラシックス(jwc)」をご購入していただける店舗やサイトの情報ページです。「ジャパン・ウォーゲーム・クラシックス(jwc)」とは「日本におけるウォーゲーム・ブームを支えた優れた国産ゲームをいつでも買えるように」という

About This Site 当サイトについて 「digital FIT」は、金融界とベンダー各社の結びつきを強化するための情報サイトです。 ベンダー・メーカー各社のリリース記事やソリューション紹介、事例紹介などを掲載し、金融ITに的を絞った情報とサービスを提供します。

テクノロジーを通して、ビジネスとジャーナリズムの両立を実現する「jx通信社」のコーポレートサイトです。

月刊経営情報雑誌『アンカー』の編集部がお送りする報道通信社公式フェイスブックです. 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネスチャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。

朝日新聞デジタルは朝日新聞のニュースサイトです。政治、経済、社会、国際、スポーツ、カルチャー、サイエンスなどの速報ニュースに加え

読んで遊んで日本史を理解する、国際通信社の歴史解説書付きウォーシミュレーションゲーム【季刊:ウォーゲーム日本史】公式webサイト「ウォーゲーム日本史とは?」のページです。

国際通信社の直営通販ショップ。シミュレーションゲーム、ウォーゲーム、海外のゲーム雑誌から同人ゲームまで。非電源系ゲーム(アナログゲーム)を日本全国、送料無料で! コマンドマガジンの定期購読、クレジット決済可能!

国際通信社から発売中の「ジャパン・ウォーゲーム・クラシックス(jwc)」第2弾『日露戦争』の紹介ページです。『日露戦争』は1981年にエポック社「ワールドウォーゲーム」シリーズ第2作として出版されました。その後、2001年に「コマンド・マガジン日本版」 第40号の付録ゲームとして再版

松本国際高等学校は、探求型の「グローバル進学コース」大学受験を目指した「αアカデミアコース」「特進コース」、全国から生徒が集まってくる一番人気の「マンガ・アニメ科」、高校卒業資格を目指す「通信制課程」を備えています。国際バカロレアDP認定校です。

読んで遊んで日本史を理解する、国際通信社の歴史解説書付きウォーシミュレーションゲーム【季刊:ウォーゲーム日本史】公式webサイト「ウォーゲーム日本史 第27号 『壬生狼顛末記』」のページです。

「FIT(Financial Information Technology)」(金融国際情報技術展)は、2000年に誕生した、 金融総合専門紙「ニッキン」(日本金融通信社)が主催する国内最大の「金融機関のためのITフェア」です。

月刊経営情報雑誌『アンカー』の編集部がお送りする報道通信社公式フェイスブックです. 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネスチャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。

国際通信社から発売中の「ジャパン・ウォーゲーム・クラシックス(jwc)」第2弾『日露戦争』に関するダウンロードページです。『日露戦争』は1981年にエポック社「ワールドウォーゲーム」シリーズ第2作として出版されました。その後、2001年に「コマンド・マガジン日本版」 第40号の付録

AFPBB Newsは、世界三大通信社のひとつであるAFP通信が配信する世界中のニュースをお届けする日本語ニュースサイトです。総合ニュース、速報

読んで遊んで日本史を理解する、国際通信社の歴史解説書付きウォーシミュレーションゲーム【季刊:ウォーゲーム日本史】公式webサイト「vassalモジュール」のページです。

ご注意. このスケジュールは主催者の方からいただいた情報をもとに作成しています。 主催者の方の都合により、記載内容が変更される場合があります。

東京新聞の総合ニュースサイト。首都圏・関東地方のニュースと生活情報を中心に、様々な地域情報を提供します

企業、商品、エンタメ、くらし、デジタル、ライフスタイル分野の最新ニュースと政治・経済の解説記事。思わず誰かに話したくなる話、ランキングを元にした地域コラムなど、老若男女で話題になる情報を発信しています。

Nov 19, 2018 · 国際通信社 ボードゲーム広報 @k2_publishing コマンドマガジン、レキシモンゲームズなどのウォーゲームや、『ボトムズタクティクス』『超人ロック』等のボードゲームの製品情報を幅広くお伝えします。

日本新華僑報は活字新聞の優勢を生かした幅広いニュース報道、広告宣伝及びサービス情報の提供などさまざまな内容を取り揃えた新聞として日中の架け橋、在日華人交流広場を目指してまいりました。また、2007年の春、日本新華僑サイトは皆様のニーズにお応えするべく全面的に