自動運転技術が進化していったとき、荷物の宅配はどのような姿になっているのか。ヤマト運輸が取り組む「ロボネコヤマト」の試験サーヴィス

DeNAは4月24日、次世代物流サービスの実現を目指すプロジェクト「ロボネコヤマト」の一環として、自動運転車両を用いた配送の実証実験を実施し

DeNAとヤマト運輸が、受け取り場所と時間を指定できる配送サービス「ロボネコヤマト」への自動運転の導入に向け、神奈川県藤沢市内で実証実験

そこで同社は、自動運転技術の開発を手掛ける「DeNA」と共同で、昨年7月に次世代物流サービス「ロボネコヤマト」プロジェクトの実用実験を

ディー・エヌ・エーとヤマト運輸は、神奈川県藤沢市内の一部地域において、2017年4月から約1年間実施した自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現を目指すプロジェクト「ロボネコヤマト」の一環として、2018年4月24日(火)に自動運転車両を用いた配送の実証実験を実施した。

封鎖した辻堂海浜公園東駐車場内をドライバーレスで自動運転走行した様子. これまで実用実験を行ってきた「ロボネコヤマト」は、専任のドライバーによる有人運転を行っておりましたが、ドライバーは荷物の発送・受け取りに関与せず、利用者自身が荷物を車両から取り出すサービス設計で

ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は4月16日、自動運転で荷物を届けることを見据えた「ロボネコヤマト」の実証実験を、4月17日から国家

今回の「ロボネコヤマト」プロジェクトでは、denaのit技術を活用した自動運転関連のサービス設計ノウハウとヤマト運輸の物流ネットワークを組み合わせることで、より利便性が高く、自由な生活スタイルを実現する物流サービスを目指します。

ヤマト運輸が自動運転の宅配サービス「ロボネコヤマト」を開始. ロボネコヤマトのサービスはどのようなものなのか? 玄関先までをどう運ぶのか? 物流全体が自動化される? まとめ

ロボネコヤマトとピザーラと提携! クロネコヤマトの宅急便で有名な「ヤマト運輸」とソーシャルゲームなどで有名な「dena」が、「ロボネコヤマト」というサービスを検討しています。 これはaiを使った無人運転を利用したもので、自動運転によってドライバーいらずで目的地に到着した車

株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)とヤマト運輸株式会社(ヤマト運輸)は2018年4月24日、 神奈川県藤沢市内の一部地域において、 2017年4月から約1年間実施した自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現を目指すプロジェクト

現在、「ロボネコヤマト」の利用者のリピート率は4割を超えているという。 「ロボネコヤマト」では将来的に自動運転によるオンデマンド配送サービスの実用化をめざしている。実用実験の実施期間は2018年3月末まで。

ヤマトとDeNAは2017年4月から藤沢市で省人化配送サービス実験「ロボネコヤマト」に取り組んできた。 自動運転で完成形がみえたロボネコ

Sep 26, 2017 · 自動運転技術の活用は、通販の利用拡大による配送の増加に伴い、深刻なドライバー不足に陥っている物流業界で期待が大きい。 スマートフォン

宅配便最大手のヤマト運輸とIT大手のDeNA(ディーエヌエー)は24日、ロッカー式の保管ボックスを積んだ車を自動運転で走らせ、自宅や職場の

DeNAとヤマト運輸は、2017年4月17日から2018年3月31日まで神奈川県藤沢市内の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の3エリアで、自動運転社会を見据えた

ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は神奈川県藤沢市で24日、宅配車両に初めて自動運転技術を使った宅配サービスの実験を実施した。 (1/3)

配達の時間だけでなく、なんと場所まで指定できる! ヤマト運輸とDeNA(ディー・エヌ・エー)が、次世代の宅配サービス「ロボネコヤマト」の実証実験を始めた。両社が見据えているのは、自動運転による無人配達の実現。果たして、ユーザーにとってどんなメリットがあるのか?

DeNAの自動運転技術. DeNAは、「ロボットシャトル」プロジェクト、自動運転タクシー「タクベル」プロジェクトや、日産自動車と共同で取り組んでいる自動運転技術プロジェクト「Easy Ride」などの技術を活かし「ロボネコヤマト」プロジェクトに応用していく。

ロボネコヤマトのロゴ。 ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は7月20日、自動運転を活用した次世代物流サービスの開発を目指し、実用実験「ロボネコヤマト」の実施に向けて計画策定に合意したことを発表した。同プロジェクトは、2017年3月から1年間実施する予定だ。

「ロボネコヤマト」は、自動運転によるオンデマンド配送サービス「ロボネコデリバリー」と、複数の地元商店が扱う商品をまとめて注文できる買い物代行サービス「ロボネコストア」を行うもの。実施期間は2018年3月31日まで。

この記事の目次自動運転車で荷物を届ける「ロボネコヤマト」自動運転車はレベルが4種類ある自動運転車が事故を起こしたら、責任はどうなるの?完全自動運転車で「欠陥」が明らかでない場合ロボネコヤマトも実装化自動運転車の責任の所

自動運転を想定したことで見えてきた多くの副産物. 畠山 ロボネコヤマトの配送では、通常の配送業務で使っている2トントラックではなく、ミニバンを使いました。今の段階では運転はドライバーが行うため、安全に走行するための技術は必要ですが、配送

Apr 24, 2018 · DeNA、ヤマト運輸/藤沢市内で自動運転配送の実証実験 https://lnews.jp/2018/04/k042406.html ‎

ロボネコヤマト とは、ヤマト運輸と、ai(人工知能)事業を進めるディー・エヌ・エーが進める宅配自動化プロジェクトです。 さまざまな実証実験結果をもとに、2020年代中頃の宅配自動化サービス提供を目指しています。

DeNAとヤマト運輸は4月24日、次世代物流サービスの実現を目指すプロジェクト「ロボネコヤマト」の一環として、自動運転車両を用いた配送の実証

国内配送大手のヤマト運輸株式会社(本社・東京都中央区/代表取締役・長尾裕)と株式会社ディー・エヌ・エー(本社・東京都渋谷区/代表取締役・守安功)は4月24日、将来的な自動運転社会における次世代物流サービスの実現を目指すためのプロジェクト「ロボネコヤマト」の一環として

DeNA(ディー・エヌ・エー)とヤマト運輸は7月20日、自動運転の技術を活用した次世代物流サービスの開発を目指し、実用実験を実施する計画策定

ヤマト運輸とDeNAは、自動運転車を使った「ロボネコヤマト」の実証実験を、国家戦略特区に指定されている藤沢市で行います。ヤマト運輸って、ネーミングのセンス抜群だよね?「ロボネコヤマト」って、めちゃ親しみやすい名称だもんね。自宅の前に自動運転

DeNAとヤマト運輸が、タッグを組んで取り組むのは、自動運転を活用した次世代物流サービスプロジェクト「ロボネコヤマト

2018年3月31日までの約1年間検証してきたロボネコヤマトは、専任ドライバーによる有人運転を行ってきましたが、ドライバーは荷物の受け渡しに

「ロボネコヤマト」は、車内に保管ボックスを設置した専用ev車両を使用し、aiによる配送ルートの最適化を行うことで、届け時間帯を10分刻みで指定できる画期的な次世代物流サービスだ。 宅急便の荷物を希望の時間帯に希望の場所で受け取ることができるオンデマンド配送サービス「ロボ

DeNAとヤマト運輸が、タッグを組んで取り組むのは、自動運転を活用した次世代物流サービスプロジェクト「ロボネコヤマト

ロボネコヤマト 自動運転車を使った宅配サービスの実現を目指す「ロボネコヤマト」で、宅配ピザ「pizza-la」の注文が可能に。 対象エリアは神奈川県藤沢市の一部。 ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(dena)が進める、自動運転車を使った宅配サービスの

ヤマト運輸は、自動車の自動運転システムを使った宅配サービスの運用を開始しました。欲しい時間・場所に設定すると自動運転車で宅急便の

ヤマト運輸とDeNAは4月16日、国家戦略特区である神奈川県藤沢市の鵠沼海岸、辻堂東海岸、本鵠沼の各エリア(人口約30,000人、12,000世帯)で、自動運転車両が指定した時刻に指定した場所に荷物を運ぶ「ロボネコヤマト」プロジェクトの実

ニュース. DeNAとヤマト運輸、次世代物流サービス「ロボネコヤマト」の実用実験を藤沢市でスタート 将来的に自動運転技術での配送サービス導入

ヤマト運輸とDeNAが共同で神奈川県藤沢市の一部地域で実施した「ロボネコヤマト」の実用実験は、自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現をめざす取り組みの一つだ。

自動運転を活用したMaaSのサービスプロバイダとしての立ち位置を確立すべくこの領域に進出したDeNA。 ロボネコヤマトのプロジェクトが始動し

宅配便を保管するボックスを多数積んだロボットカーが街をめぐり、配達をする「ロボネコヤマト」の実現に向けた取り組みが、いよいよ始まった。神奈川県藤沢市で2018年3月末まで実験を行う。 ヤマト運輸とディー・エヌ

発表日:2018年4月24日 「ロボネコヤマト」4月24日に神奈川県藤沢市内で 自動運転車による配送の実証実験を実施 株式会社ディー・エヌ・エー

ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は、自動運転技術を活用した次世代物流サービスの開発を目的とする実用実験プロジェクト「ロボネコ

IT大手のディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は20日、自動運転車を使った物流サービスを開発するための実験を2017年3月に始めると発表した。

ディー・エヌ・エーとヤマト運輸は、神奈川県藤沢市内の一部地域において、2017年4月から約1年間実施した自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現を目指すプロジェクト「ロボネコヤマト」の一環として、2018年4月24日(火)に自動運転車

ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は、自動運転で荷物を届けることを見据えた「ロボネコヤマト」の実証実験を4月17日から国家戦略特区である神奈川県藤沢市の一部エリアで開始することを発表した。 対象となるエリアは、藤沢市の鵠沼海岸1~7丁目、辻堂東海岸1~4丁目、本鵠沼1~5

日本信号とディー・エヌ・エー(DeNA)は4月24日に神奈川県藤沢市内の公道上で、自動運転車両が信号情報を受信して走行する実験を実施した

ヤマト運輸とDeNAが共同で開発した、荷物の自動運転配達サービス「ロボネコヤマト」の実証試験を2017年4月17日より開始するとのこと。将来的には自動運転を目指すものの、実証試験は人が運転することになっており、受け取り人が自分で車両から荷物を取り出すことを想定して行われるという。

ロボネコヤマトは、ヤマト運輸とDeNAが2016年7月に発表していた、自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現を目指す取り組みです

こんにちは、monoです。 クロネコヤマトの宅急便。 配送最大手のクロネコヤマトですが、次に手がけるのは 「ロボネコヤマト」だそうです! なんだろう? ロボネコヤマトって? 将来的には、無人で配達するロボットカーを目指し

ヤマト運輸株式会社のプレスリリース(2018年4月24日 12時00分)[ロボネコヤマト]4月24日に神奈川県藤沢市内で自動運転車による配送の実証実験を実施

画像:ロボネコヤマトより 宅配サービス企業のヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)と2018年4月24日、神奈川県藤沢市の住宅街周辺で、宅配便を配送する実験を行いました。 実験はドライバーが運転席

次世代の宅配サービス「ロボネコヤマト」とは?『自動運転車が宅配便の荷物を欲しいときに、欲しい場所で自由に届けてくれる』そんな宅配サービスがあったらいいと思いませんか?DeNAとヤマト運輸さ

この映像の動画では、自動運転のロボネコヤマトが 神奈川県藤沢市で試験サービスを開始する様子が配信されています。 宇宙戦艦ヤマトの沖田艦長の台詞 「ヤマト発進!」 という感じの勢いがありますが、 自動運転による物流がどこまで達成できるかが楽しみですね。

ロボネコヤマトとは. ロボネコヤマトは、車内に保管ボックスを設置した専用ev車両を使用し、aiによる配送ルートの最適化を行うことで、お届け

今回の「ロボネコヤマト」プロジェクトでは、denaのit技術を活用した自動運転関連のサービス設計ノウハウとヤマト運輸の物流ネットワークを組み合わせることで、より利便性が高く、自由な生活スタイルを実現する物流サービスを目指す。

ディー・エヌ・エーとヤマト運輸は、神奈川県藤沢市内の一部地域において、2017年4月から約1年間実施した自動運転社会を見据えた次世代物流サービスの実現を目指すプロジェクト「ロボネコヤマト」の一環として、2018年4月24日(火)に自動運転車両を用いた配送の実証実験を実施した。

「ロボネコヤマト」は来る自動運転社会への架け橋となるか DeNAとヤマト運輸が運送における実証実験を開始

自動運転車両で実証実験. 宅配の問題点は不在率の高さです。ロボネコヤマトは、狭い地域限定のサービスでしたが、配送件数は、1日およそ20

宅配便再配達の悩みを解消する「ロボネコヤマト」。自動運転社会を見据えた実用実験も進行中。lifull home’s pressは、住宅の最新トレンドや専門家による正しい住宅情報を発信していきます【lifull home’s press/ライフルホームズプレス】

ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は7月20日、都内で記者会見を開き、自動運転を活用した次世代物流サービスの開発を目指し、実用実験の