[PDF]

特定用途誘導地区に関する都市計画に定める事項. zその全部又は一部を誘導すべき用途に供する 建築物の容積率の最高限度 →用途地域による指定容積率にかかわらず、誘導施設. を有する建築物については、この容積率を適用. z建築物等の誘導すべき用途

「特定用途誘導地区」は全国で今※1のところ指定した都市はないようですが、平成26年の都市再生特別措置法の改正により設けられた比較的新しい都市計画の制度で、これまでの規制的手法とは少し違う都市計画となっています。 ※1:平成29年3月31日 都市計画現況調査(国土交通省

本市では、特定用途誘導地区を1地区(約857.3ヘクタール)指定しています。 下記のファイルより、特定用途誘導地区の計画書および計画図をご覧いただけます。 ※計画図のファイルについてはテキスト情報のない画像データです。

都市再生を図るため、医療施設、福祉施設、商業施設など都市機能増進施設を誘導するべく都市計画で定められる地区。 地域地区の一つで、「都市再生特別措置法」に基づく制度である。 特定用途誘導地区は、立地適正化計画で定める都市機能誘導区域内に指定され、地区内の建築物の用途

特定用途誘導地区とは、立地適正化計画 (別ウインドウで開く) で定めた都市機能誘導区域内で、「特定用途誘導地区」を都市計画に定めることにより、指定した誘導施設に限り、容積率、建物用途の制限の緩和を行う一方、誘導施設以外の建築物については従来通りの規制を適用することに

特例制度・・・特定用途誘導地区(立地適正化計画) 特例制度・・・特定用途誘導地区 都市機能誘導区域内で、都市計画に、特定用途誘導地区を定めることにより、誘導施設を有する建築物について容積率・用途制限を緩和。 例えば、老朽化した医療施設等の建替え、増築や新築の際に本制度を

都市計画で定められる「用途地域」と紛らわしい「特別用途地区」「特定用途制限区域」について、それぞれのあらましを知っておきましょう。とくに「特別用途地区」に該当する敷地は比較的多いものです。(2017年改訂版、初出:2007年9月)

長浜市では、都市計画区域の見直しに伴い、区域区分の定めのない都市計画区域内の用途地域が定められていない区域を対象として、この特定用途制限地域を次の4種地区に分け、地区の特性に応じた制限内容を定めています。

§2 都市計画区域、市街化区域、地域地区の決定状況 (1)都市計画区域、市街化区域、用途地域 総括表 (イ)面積、人口 (ロ)区域数及び都市数 (ハ)用途地域都市数 (ニ)都市別一覧 (2)特別用途地区

また、建築物等に対する制限の特例として、都市計画で定められた再開発等促進区を定める地区計画に適合する建築物で、用途・容積率の制限、建築物の高さの制限等について、特定行政庁が交通上、安全上、防災上及び衛生上支障がないと認めて認定又は

都市再生特別措置法とは

特定用途誘導地区とは、都市再生を図るため、医療施設、福祉施設、商業施設など都市機能増進施設を誘導するべく都市計画で定められる地区。地域地区の一つで、「都市再生特別措置法」に基づく制度不動産購入・不動産売却なら三井住友トラスト不動産。

特定用途誘導地区の意味について。【アットホーム】の不動産用語集で不動産の基本的な用語から専門用語まで幅広く意味を調べることができます。五十音順やカテゴリ別に不動産用語が一覧で表示されているので、辞書のように利用することができます。

建築基準法第60条の3第1項と関連する法律、判例の一覧を表示しています。条文:特定用途誘導地区内においては、建築物の容積率及び建築物の建築面積(同一敷地内に二以上の建築物がある場合においては、それぞれの建築面積)は、特定用途誘導地区に関する都市計画において建築物の容積

高度利用地区とは、低層な建物が多く土地が細分化されているような密集市街地などにおいて、土地をくっつけて一体的な再開発を行ない高層ビルなどの高い建物を建てれるようにした地区です。高度地区、高層住居誘導地区とは異なります。ここでは高度利用地区とはなにか、調査方法につい

特定用途誘導地区とは、特定用途誘導地区とは、都市機能をより豊かにする商業施設や医療機関などの特定の施設を誘導するために定められる地区のことです。都市再生特別措置法に基づいて、都市計画において個別に定められます。特定用途誘導地区に定められると、その地区内においては

[PDF]

特定用途誘導地区内で、市街地再開発事業を実施することによ. り、地域に最も必要な医療機能(病院)を特定用途とし、容積率を. 緩和し、立地を誘導。 権利者用の住宅は、特定用途誘導地区内で定められた容積率の. 最低限度のもとで高度利用を図る。

本システムで提供される情報は、名古屋市内の市街化区域、市街化調整区域、用途地域(建ぺい率・容積率)、高度地区、防火地域及び準防火地域、特別用途地区(特別工業地区・中高層階住居専用地区・文教地区・研究開発地区・大規模集客施設制限地区

「特定用途誘導地区」は新規追加、「高度地区(最低限)」は削除しました。 ・2019.3.15 都市計画の変更に伴い、都市計画情報を更新しました。更新した情報は、「都市再生特別地区(東桜一丁目1番地区)」です。 ・2014.8.5 用途地域指定図(一般参考図)に

都心部機能更新誘導方策とは. 福岡市では、都心部の更なる機能強化と魅力づくりを推進するため、九州・アジア、環境、魅力、安全安心共働をキーワードに、新たな容積率の緩和制度を創設しました。

Sep 27, 2018 · 地域地区について少し勉強された方であれば、用途地域はご存知かと思います。ですが、地域地区には用途地域以外にも様々なものが存在しています。特に都会では用途地域の上に設定されている特殊な地域地区が多く存在

改正案ではこの規制を緩和。その地域に最も必要な施設の立地を定める特定用途誘導地区でも事業を行えるようにする。 特定用途誘導地区制度は、14年8月に施行された改正都市再生特措法で都市計画法の特例として創設・運用されている。

4.都市再開発方針等(都市計画法第7条の2) (1)都市再開発方針(都市計画法第7条の2第1号) 最終告示 平成17年3月25日 埼玉県 第647号 (2)住宅市街地の開発整備の方針(都市計画法第7条の2第2号) 最終告示 平成20年3月14日 埼玉県 第369号

「特定用途制限地域」は都市計画法で定める地域地区の一つになっているんですが、地域地区には他にも、特別用途地区や特例容積率制限地域、特定用途誘導地区、特定街区など、非常に 「特」 の字が多い

特別用途地区とは. まず覚えるべき点は、「特別用途地区」は「用途地域内」に定める地区であるということです。 「特別用途地区」が用途地域の指定がないところに単独で指定されることはありません。 ここは絶対押さえてください! あとは、特別用途地区のイメージができればそれで十分

[PDF]

ただし、特定の企業又は団体のみの利用に供するものを除く。 ① 日本橋・東京駅前地区における誘導用途割合 ホテル等の割合は、1/2以上とする。 ② 銀座地区における誘導用途割合 ホテル等の割合は1/2以上とし、かつ、事務所用途割合を1/3以下と

特定街区(とくていがいく)は、都市計画法による地域地区の一つで、既成市街地の整備・改善を図ることを目的に、ある街区において、既定の容積率や建築基準法の高さ制限を適用せず、別に都市計画で容積率・高さなどを定める制度である。. 1961年(昭和36年)に創設された制度で、超高層

特別用途地区(とくべつようとちく)とは、都市計画法第8条に規定されている「地域地区」の1つである。. 概要. 都市計画法第9条に定める「用途地域内の一定の地区における当該地区の特性にふさわしい土地利用の増進、環境の保護等の特別の目的の実現を図るため」の地区である。

※リンクがないものは都市計画総括図をご覧ください 【都市計画区域の位置】 都市計画の総括図 この総括図は、平成29年6月現在の都市計画のおおむねの位置・区域を表示したものです。

[PDF]

で,その実現のため,用途地域に加えて,特別用途地区,特定用途誘導地区,地区計画等の土 地利用に関する各種制度を積極的に適用すべきです。 用途地域は,地域ごとのまちづくりの将来像を見据え,市街地の大まかな土地利用の方向を1

3 特定用途誘導地区内においては、地方公共団体は、その地区の指定の目的のために必要と認める場合においては、国土交通大臣の承認を得て、条例で、第48条第1項から第12項までの規定による制限を緩和することができる。

その結果、平成26年11月25日に開催した都城市都市計画審議会で、土地利用誘導施策である特定用途制限地域および特別用途地区の指定の承認を受け、関連する条例が平成27年4月1日に施行されました。 詳しくは、都市計画課に問い合わせください。 区域区分

[PDF]

で,その実現のため,用途地域に加えて,特別用途地区,特定用途誘導地区,地区計画等の土 地利用に関する各種制度を積極的に適用すべきです。 用途地域は,地域ごとのまちづくりの将来像を見据え,市街地の大まかな土地利用の方向を1

また、居住誘導地区内で20戸以上の住宅を整備する事業者は、事業実施のために必要な場合には、用途地域、地区計画等の一定の都市計画または景観計画の決定・策定または変更を提案することができる。

(3)特定用途誘導地区 特定の誘導施設(例:文化交流施設)に限定して容積率や用途規制の緩和を行う一方、それ以外の建築物については従来通りの規制を適用することにより、誘導施設を有する建築物の建築を誘導することを目的とする、都市再生

都市計画案の縦覧 ※縦覧は終了しました. 都市計画区域(笠懸町、大間々町)において、地区の特性や環境にそぐわない建物の新たな立地を制限する「特定用途制限地域の指定」について、都市計画の案の縦覧を行います。

その他地域地区. 特定用途制限地域 特例容積率適用地区 高層住居誘導地区 高度地区 高度利用地区 特定街区 都市再生特別地区. 居住調整地域. 特定用途誘導地区 防火地域及び準防火地域 特定防災街区整備地区 景観地区 風致地区

地域地区の意味について。【アットホーム】の不動産用語集で不動産の基本的な用語から専門用語まで幅広く意味を調べることができます。五十音順やカテゴリ別に不動産用語が一覧で表示されているので、辞書のように利用することができます。

豊川市における市街化区域及び用途地域の面積等 (最終変更:区域区分_平成31年3月29日愛知県告示第219号、用途地域_令和元年9月24日豊川市告示第38号)

※リンクがないものは都市計画総括図をご覧ください 【都市計画区域の位置】 都市計画の総括図 この総括図は、平成29年6月現在の都市計画のおおむねの位置・区域を表示したものです。

宅建試験で重要な「高度地区 高度利用地区 高層住居誘導地区 特定街区」のポイントを解説しました!また、宅地建物取引士試験に合格するためのノウハウも公開しているので是非みてください♪宅建通信

用途白地地域(用途地域の指定のない区域(本市の場合、従来の市街化調整区域等))のうち、既に市街化が進行している地区や香川インテリジェントパーク周辺のように、一定の機能集積を誘導していく地区について、平成17年3月25日に用途地域を指定しました。

[PDF]

特定用途誘導地区. 権利者用の. 住宅整備 〔 改正後 〕特定用途誘導地区内でも 市街地再開発事業の実施を可能に. 特定用途誘導地区内で、市街地再開発事業を実施することによ り、地域に最も必要な医療機能(病院)を特定用途とし、容積率を 緩和し

→ 特別用途地区 → 特定用途制限地域 → 高度地区 → 景観地区 → 風致地区 → 緑地保全地域 → 伝統的建造物群保存地区 → 高層住居誘導地区 → 高度利用地区 → 促進区域 → 遊休土地転換利用促進地区

[PDF]

り、誘導施設を有する建築物の建築を誘導することを目的とする地域地区である。 特定用途誘導地区に関する都市計画には、都市計画法第8条第3項第一号及び第三号に 掲げる事項のほか、次に掲げる事項を定めるものとする。

[PDF]

ただし書きにおいて定められた、特定用途 誘導地区内における高さ制限の不適用に係 る特定行政庁による許可が、業法施行令第 2条の5(業法第33条及び第36条の法令に 基づく許可等の処分)に追加されています。 (文責:大内健太) vol.380

特定空港周辺航空機騒音対策特別措置法第4条第1項の規定による航空機騒音障害防止地区又は航空機騒音障害防止特別地区 (注1) 菰野町内には防火地域又は準防火地域の指定はありませんが、都市計画区域内は建築基準法第22条に基づき三重県が指定した

特別用途地区は、用途地域内において、市街地の特性に応じて特定の用途の保全または規制を行うことを目的として定める地区です。地区の指定のために行われる建築物の制限や禁止に関する事項については、建築基準法の規定により市の条例で定めており

用途地域に加えて、制限または緩和する地域地区 用途地域の1つである工業専用地域に割り当てられた地域には住宅は建てられず、また、第一種低層住居専用地域には大学や病院が建設できません。 このような用途制限に加えて、例えば建物の高さを詳細に制限したい時などに、用途地域に加え

・用途地域・防火地域・特別用途地区・高度地区・臨港地区・地区計画・都市再生特別地区などの都市計画情報については、地図情報サイト「マップナビおおさか」でご覧いただくことができます。

重要事項説明関係法令(建築指導部所管分) このページは、宅地建物取引業法に基づく重要事項説明における関係法令についてのお問い合わせが多いことから、関係法令のうち建築指導部が所管する事項や関連事項について、それぞれの制限の有無等の調べ方等についてまとめたものです。

地区計画は、それぞれの区域の特性に応じて、一体的に良好な環境の街区を整備し、開発し、及び保全する事を目的とする計画で、一定の地区を単位として施設の整備や建築物等に関する事項を一体的、総合的に定める都市計画です。

商住共存地区において、住宅等に誘導用途を併設した場合に住宅等の容積率制限(300%)を緩和するなどの許可制度があります。 具体的な許可基準については、 「横浜市市街地環境設計制度」 ≪第4編 特定エリアにおける緩和基準≫≪第1章 横浜都心機能

そこで、建築物の1階に店舗、事務所等の「商業業務用途」を誘導し、にぎわいと回遊性に富んだ都市空間を形成するため、「低層階商業業務誘導地区」(特別用途地区)をおおむね上荻一丁目に指定してい

[PDF]

「うるま市特定用途制限地域内における建築物等の制限に関する条例」を平成24年4月 1日に施行し、石川地域で先行して「特定用途制限地域」を指定しました。 平成24年度は、具志川地域で「特定用途制限地域」の指定を検討します。

[PDF]

(低層階商業業務誘導地区) 第3条 低層階商業業務誘導地区は、延べ面積が1,000平方メートル以上の建築物(以下「特定建築物」という。) の1階に店舗、事務所等を誘導し、商業及び業務の活性化を図るため、商業地域及び近隣商業地域内に区長が

また、特定用途制限地域は、次の4地区に区分し、特定の用途の建築物等の立地を規制します。 1)市街地周辺地区、2)幹線道路沿道地区、3)田園居住地区、4)産業居住地区 特定用途制限地域 計画図(pdf:139kb) 特定用途制限地域の制限の概要

特定用途誘導地区(とくていようとゆうどうちく) 地域地区の一つで、「都市再生特別措置法」に基づく制度である。特定用途誘導地区は、立地適正化計画で定める都市機能誘導区域内に指定され、地区内の建築物の用途、容積率・高さの最高限度について、通常の用途地域とは異なる扱い

[PDF]

※6 用途地域の定めがない地域(無指定)では、全域で特定用途制限地域による規制があります。 (農用地、保安林、住宅目的の開発区域を除く) 第二種住居地域 土地利用誘導地区③第一種住居地域 土地利用誘導地区準住居緩衝地帯 準住居地域 無指定

[PDF]

米原市特定用途制限地域における建築物等の制限に関する条例 【平成28年12月28日 施行】 条例は、特定用途制限地域として都市計画決定した「米原東北部都市計画区域の全域(※既に指定している用途地域、保安林および平成 22年6月30日決定の多和田地区