東洋史研究会ホームページへようこそ! 東洋史研究会は、東洋史、さらにはアフロユーラシアの歴史に関心をもつ者に広く開かれ、研究の発展を目的とした学会です。

連絡先 · 入会案内 · 東洋史研究会大会 · 東洋史研究会 · バックナンバー · 『東洋史研究』既刊目録

東洋史研究会(とうようしけんきゅうかい、英:The Society of Oriental Researches)は、日本の東洋史学分野の学術団体、学会。. 1935年(昭和10年)に、京都帝国大学文学部史学科の東洋史学講座を母胎に設立された学会で、現在も京都大学文学部の東洋史学研究室を中心に運営されている 。

学会概要 立命館東洋史學會は、立命館大学の東洋史専攻の在学生・卒業生・教員が主体となって活動している学術団体です。創設以来30年以上の歴史があり、第一線でご活躍されている先生方にもご参加いただいております。

【日本史専攻】 渡辺 恵未( WATANABE Megumi ) 「秀吉没後の豊臣政権運営の実態について ―毛利輝元・石田三成を中心に―」 The actual situation of the Toyotomi Administration after Hideyoshi’s death : With a focus on Terumoto Mōri and Mitsunari Ishida 【東洋史専攻】 田村 麻優子( TAMURA Mayuko )

史学会大会について. 史学会大会は、学会設立から10 年後の1899 年(明治32 年)に第1 回が開かれ、以降、関東大震災や第二次世界大戦、東大紛争による中止をのぞき、毎年1 回開催されてきました。

日本における東洋史. 日本における東洋史の概念は、帝国時代(1868年~1945年)に成立したと目されている。ヨーロッパにならった高等教育機関の設置の際、歴史学の分野は国史、東洋史、西洋史の三部門に分けられた。

東北史学会は東北六県の歴史系研究者によって構成されている学会です。 日本史・西洋史・東洋史・考古学・思想史などの多彩な研究者が集まっています。 毎年 10 月には大会が開催され、機関誌『歴史』を年に 2 回発刊しています。

2019.08.09 公益財団法人史学会編『復刻版 世界史概観』・『復刻版 日本史概観 』が刊行されました. 2018.07.30 史学会英語版ホームページ公開のお知らせ. 2017.03.22 『史学雑誌』バックナンバーの公開

法制史学会のホームページです。管理規定および運用指針に基づき法制史学会ホームページ運営委員・運用担当者によって

西洋中世学会会員のみなさま. 2020年6月13日(土)、14日(日)に富山大学で開催予定の西洋中世学会第12回大会につきまして、諸般の事情により、開催日を翌週の 6月20日(土)-21日(日) に変更することとなりました。 報告や参加に向けてすでに準備を進めていた方々には大変なご迷惑をお

Amazonで日本建築学会の東洋建築史図集。アマゾンならポイント還元本が多数。日本建築学会作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また東洋建築史図集もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

東洋史研究 Tôyôshi Kenkyû : The Journal of Oriental Researches 発行: 東洋史研究会 ISSN: 0386-9059 . KURENAIでは雑誌の発行から3年経過後に公開されます。 The embargo period is 3 years after publication. JaLC DOI

日本学術会議は、我が国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表

現代の日本漢方は、西洋医学を視野にいれて漢方診療を実践します。本学会は、伝統医学の優れた経験と知識を発展させ、現代・西洋医学と共存する新しい医療を目指します。

Educational Goals

世界大百科事典 第2版 – 東洋史学の用語解説 – 日本における歴史研究および歴史教育上の一分野。日本史(国史)学,西洋史学と並立して学会や大学の課程での専門分野を形成する。なお,韓国では,韓国史学,西洋史学とともに,日本史を含む東洋史学が並立する。

Educational Goals

早 稲 田 大 学 史 学 会 tel:03-5286-3579 (庶務;西洋史学専修室) fax:03-3203-7718 (文学部教員ロビー) (※ファックスでのお問い合わせの場合、 早稲田大学史学会宛と明記して下さい)

東洋陶磁学会は、日本及び世界の愛好家・研究者との交流を深めながら、調査・研究の拡大と成長をはかり、日本における学術・文化の向上発展に寄与しています。

今後、事務局からの連絡にはeメールを活用したいと考えておりますので、学会事務局までお教えくだされば幸いです。もしアドレスの名簿記載を希望されない場合には、その旨もあわせてご指示願います。 事務局 〒560-8532 大阪府豊中市待兼山町1-5

:東洋史や歴史学専修のイベント・合宿、東洋史関連の学会・講演会の様子、中国研修旅行などを紹介します。 2010年度研究室だより 2011年度研究室だより (異文化間コミュニケーションin台湾、北京林業大・河南師範大視察)

東洋陶磁学会は、日本及び世界の愛好家・研究者との交流を深めながら、調査・研究の拡大と成長をはかり、日本における学術・文化の向上発展に寄与しています。

社会事業史文献賞は、本学会員の研究の奨励と質の向上を図ることを目的として、1982年度より授与している賞で、受賞者には総会において会長より賞状と副賞( 20 万円)が授与されます。 今回の推薦(自薦を含む。以下同じ。

一般社団法人日本医史学会のオフィシャルサイトです。学術大会のご案内や日本医学雑誌に掲載された論文を掲載してい

「昭和12年の宮澤俊義」昭和12年学会事務局長・憲政史家 倉山満 「1937年のアクシオン・フランセーズ」國學院大學大学院生 ポール・ド・ラグビビエ 第2セッション 「中国共産党とトーマス・ビッソン」拓殖大学大学院客員教授 江崎道朗

東洋音楽学会は、比較音楽学(民族音楽学の前身)の研究者と日本音楽研究者が中心になって、日本を含む東洋諸国の音楽を研究することを目的に、昭和11年に設立。現在は、約700人の会員を擁し、日本の伝統音楽をはじめ、ひろく世界中の民族の音楽を対象として、さまざまな視点から音楽を

東洋系 国語学国文学専修 中国語学中国文学専修 中国哲学史専修 インド古典学専修 仏教学専修 西洋系 西洋古典学専修 スラブ語学スラブ文学専修 ドイツ語学ドイツ文学専修 英語学英米文学専修 [英語学英文学専修] [アメリカ文学専修] フランス語学

後期課程では博士論文の完成が求められ、その前提として研究成果を学会誌に公表することが一つの目標となる。研究室では院生が主体となって『名古屋大学東洋史研究報告』を1972年以来毎年発行しつづけている。また、他の学会誌への投稿も奨励している。

青山学院大学文学部史学科ホームページ。史学科紹介、授業・カリキュラム。入試や卒業後の進路情報、大学院を目指す方への情報も掲載。史学科各コース(日本史・東洋史・西洋史・考古学・芸術史)の

東洋史研究会は、東洋史、さらにはアフロユーラシアの歴史に関心をもつ者に広く開かれ、研究の発展を目的とした学会

東洋史研究叢刊はその出発以来、幸い日本のみならず世界の学会の信頼を受けたらしく、たとえばアメリカにおける主な大学図書館であれば『東洋史研究』とともにだいたい置いてあるようである。

東洋史(中国史、台湾史、朝鮮史、韓国史など)の研究に関するリンクを網羅的に集めてある。研究会、情報テレビ番組

後期課程では博士論文の完成が求められ、その前提として研究成果を学会誌に公表することが一つの目標となる。研究室では院生が主体となって『名古屋大学東洋史研究報告』を1972年以来毎年発行しつづけている。また、他の学会誌への投稿も奨励している。

青山学院大学文学部史学科ホームページ。史学科紹介、授業・カリキュラム。入試や卒業後の進路情報、大学院を目指す方への情報も掲載。史学科各コース(日本史・東洋史・西洋史・考古学・芸術史)の

平成30年度前期、東洋史学総合研究(火・5限)発表順 『東洋史論叢』第17号 発刊のお知らせ 『大阪市立大学東洋史論叢』第18号 発刊のお知らせ; 大阪市立大学・上海師範大学共同セミナー「唐宋社会における文化力」 明清史夏合宿2011のご案内

日本歯科東洋医学会とは、「全身の状態が口腔に投影される」という東洋伝統医学の教えを礎に、 現代歯科医学の診査・診断法とは少し目線を変え、鍼灸・漢方・気功・食養をはじめとする東洋伝統医学療法を日常歯科臨床の一助となり得ると確信している歯科臨床家集団です。

[PDF]

育史研究でも例外ではなく,最近では教育史関連の学会・ 研究会が増加している。とくに1980年代はその傾向が顕 著であった。教育史学会名簿収載の教育史関連学会リス トから西洋教育史にかかわりのありそうな研究組織を選

東洋史(主に中国史)が強い大学はどこがありますか? まず京都大学が有名です。人文科学研究所のスタッフや史料は、国内の他の大学の及ばないものがあります。近畿圏の大学は、とりわけ東洋史では結構行き来があるので、

立正大学史学会. 大正14年、立正大学発足の翌年、新興の気に燃えた史学科の第1回生たちが、2年に進級し、新1年生を迎えたとき、歴史の科学的探求を目指して結成されたのが本会である。

前身は1989年に発足した「若手魏晋南北朝史研究者の会」で,14回の集いを重ねた後,2001年に「魏晋南北朝史研究会」に発展しました. ブログだけで様々な情報を公開していきますので少々見づらいところがあるとおもいますが,ぜひ,右メニューのカテゴリーとブログ内検索を活用して

news 機関誌『東洋史訪』第26号を刊行しました。 (2019年5月31日) 青色部分をクリックすると紙ベースと全く同じ冊子をダウンロードできます。 『東洋史訪』26号(2019年5月) 【論文】 鈴木書店と台湾パイン缶詰産業 ─台湾鳳梨缶詰株式会社の設立と事業─ 斎藤尚文

・東洋史学に進学したいと考える高校生、学部1・2年生による 質問。 ・卒業論文、修士論文、博士論文、雑誌論文、研究書刊行に 至るまで、自らの研究をまとめる上でのご相談。 ・東アジア史、東南アジア史、南アジア史、内陸アジア史、

東洋史学専攻は、アジアの歴史を研究するところです。立命館大学の東洋史学専攻は、特に中国の歴史研究に力を注いできた全国有数の伝統ある専攻です。

専門分野(科研費分類):アジア史・アフリカ史. 記述言語:日本語 論文題目名:魏晋南朝の司法における情理の語について 掲載誌名:関西学院史学 41巻 (頁 65 ~ 81) 掲載誌 発行年月:2014年03月 著者氏名(共著者含):佐藤達郎

北里大学東洋医学総合研究所は、診療・研究・教育の各分野において、本来の漢方医学をきちんと継承し、発展させることを目指して日々精進しております。また、当研究所の漢方鍼灸治療センターにおいて高品質の漢方薬・鍼灸治療を提供しております。

・東洋建築史学の方法論の研究。 ・東洋建築史学の教育・研究および専門家育成に関する継続的な情報収集。 ・東洋諸国における建築的遺産の保存・修復に関する調査研究、国際協力への寄与。

(学界展望・東洋法制史) 都冕會(トミョノェ)著・한국 근대 형사재판 제도사(韓国の近代刑事裁判制度史) 国家学会雑誌128-11・12:

[PDF]

東洋史学 卒論・修論執筆要領. 論文の書式は,基本的に次ページ以降の「東南アジア学会会誌『東南アジア―歴史 と文化―』執筆要領」に準じることとします。ただし文中に取り消し線を引いた部分 は適用されません。 特に「 7. 文献参照の方法」「8.

ご案内. 2019年度都市史学会大会について以下の通りご案内申し上げます。詳細は決まり次第こちらに掲示いたします。

白東史学会は、中央大学東洋史学専攻を中心とする学会であり、アジア・アフリカの歴史に関する研究と普及とを推進し、あわせて会員相互の交流を図ることを目的としております。詳しくは下記をご覧く

日本近現代史 | 民俗・生活文化 | 対外交渉史・地方史 中国史・現代中国 | 東洋史 | 西洋史全般 | イギリス史 | フランス史 ドイツ史 | イタリア史 | 西洋諸国史・アメリカ史 | 人類学

東洋史学専修・アジア史コースは、アジア諸民族の歴史と文化の学習・研究によって、それぞれの民族がもつ固有な価値体系を究明し、多元的な価値認識を基礎とした統一ある世界史像を構成することを志

講演・口頭発表等 「大乗仏教の伝承者たち―bodhisattva, satpuruṣa, dharmabhāṇaka―」, 渡辺 章悟, 日本印度学仏教学会・第六九回学術大会, 2018年09月01日

キルケゴール読書会, 北欧精神史研究会例会(東洋大学), 2007年; 近代日本道徳教育論と宗教哲学の意義 -森信三と山縣三千雄-, 日本宗教学会第66回学術学会(立正大学) , 2007年; 精神史研究方法論, 専修大学大学院研究プロジェクト , 2007年

東北大学東洋史研究室ホームページ

中国史・現代中国 | 東洋史 | 西洋史全般 | イギリス史 | フランス史 ドイツ史 | イタリア史 | 西洋諸国史・アメリカ史 | 人類学

2019年10月26日(土)~27日(日)に、岡山大学鹿田キャンパスのマスカットキューブ(〒700-8558 岡山市北区鹿田町 2-5-1)で開催されます、第23回日本精神医学史学会大会プログラムは以下のとおりで

日本史、東洋史、西洋史、考古学の計12篇の論考を収録。 海外研究活動歴、使用する外国語: 使用する外国語. 国際的な学会等での研究成果の発表に主に用いる言語 中国語 ; 国際的な学術雑誌等に発表する論文の執筆に主に用いる言語 中国語

東洋史研究会(とうようしけんきゅうかい、英:The Society of Oriental Researches)は、日本の東洋史学分野の学術団体、学会。. 1935年(昭和10年)に、京都帝国大学文学部史学科の東洋史学講座を母胎に設立された学会で、現在も京都大学文学部の東洋史学研究室を中心に運営されている 。

『東洋法制史研究会通信』は、主に法学部に属する中国法制史研究者によって組織される「東洋法制史研究会」(1982年発足)の不定期刊のニュースレターである。